「iテキスト」を使っているならデータは「DropBox」に保存!

小説を書くのに「iテキスト」を使っているなら、データを「Dropbox」に保存しましょう……そういうお話し

こんにちは、いつもスマホで小説を書いているniyutaです。

皆さん、バリバリ小説を書いていますか?

「iPhone」の方は「iテキスト」に「Android」の方は「Jota(イオタ)」に小説を書いていますよね?

スマホで小説を書くならiテキストかjota(イオタ)を使おう!
スマホで小説を書く時に、まず準備するものはテキストエディタだと思いますスマホでネット小説を書いて書いて書きまくっているniyutaで...

では、「iテキスト」を利用している人に質問です。一生懸命書いた小説データはどこに保存していますか?

えっ?……Dropbo……x?

……もう、すでに「Dropbox」に保存している人は一度向こうに行って下さい。

そして「ローカルに保存しているよ」という人だけこちらに集まって下さい。

……さあ、皆さんはどこに保存していますか?

……

……そうですか?スマホのローカルですか?いや、いや、ローカルは危ないですよ〜。

不慮の事故で、もしスマホが壊れてしまったらどうしますか?

ぜひ、「iテキスト」を使っている人は、データの保存は「Dropbox」を使って下さい。

使い方は簡単です。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

テキストエディタ「iテキスト」のファイルを「Dropbox」に保存する方法

1. 「DropBox」にユーザー登録します

Webブラウザで「DropBox」と検索しても良いですし、AppStoreでご自分のスマホにダウンロードしても良いです。

「Dropbox」は無料ユーザー登録する事で5GBの保存領域を使う事が出来るオンライン・ストレージサービスです。

2. 「iテキスト」を起動します

3. 「ファイル」>「保存」をクリックします

4. 画面下に表示される左向き三角を何度かクリックします。

すると下記の表示になると思います。

「Documents」
「Dropbox」

5. 「Dropbox」を選ぶとIDとパスワードを入力する画面になりますので、ご自分の「Dropbox」のIDとパスワードわ入力します

6. すると、「iテキスト」から「DropBox」に直接ファイルを保存したり、開いたりする事が出来るようになります

無料のオンライン・ストレージが100%安全かというそうでも無いかもしれませんが、スマホのローカルにだけ保存するよりは良いかもしれません。

テキストエディタとして「iテキスト」を使っている方はぜひ、「DropBox」をご活用下さい。

トップへ戻る