小説をJota(イオタ)で書くならデータはDropboxに保存!

「Android」端末をお使いなら「Jota(イオタ)」で小説を書いていることと思います

スマホで小説を書くならiテキストかjota(イオタ)を使おう!
スマホで小説を書く時に、まず準備するものはテキストエディタだと思いますスマホでネット小説を書いて書いて書きまくっているniyutaで...

では、そのデータはどこに保存していますか?

ローカル(端末内)ですか?

いや、違う?

そうですか?

やはり、あなたも「Dropbox」ですか?いや、そうだと思いました。

でももしかしたら、この記事を読んでいる人で「Jota(イオタ)」で小説を書いているにも関わらず、そのテキストを端末内に保存している人がいるかもしれません。

そういう方は、この機会に「Dropbox」に保存して下さい。

「Dropbox」とは無料で使用できるオンライン・ストレージ・サービスです。

いろいろなデバイスと連携することが可能です。

使い方は簡単です。

スポンサーリンク
レクタン(大)広告

Dropboxの使い方

1. 「DropBox」にユーザー登録します

Webブラウザで「DropBox」と検索しても良いですし、GooglePlayでご自分のスマホにダウンロードしても良いです。

2. 「Jota(イオタ)」を起動します

3. 「ファイル」>「名前を付けて保存」をクリックします

4. 画面左上の「名前を付けて保存」をクリックします

すると画面左側に下記の表示があると思います

ストレージ
ーーーーー
SDカード
Dropbox
OneDrive
GoogleDrive

5. 「Dropbox」を選ぶとIDとパスワードを入力する画面になりますので、ご自分の「Dropbox」のIDとパスワードを入力します

6. すると、「Jota(イオタ)」から「Dropbox」に直接ファイルを保存したり、開いたりする事が出来るようになります

私は「Jota(イオタ)」をかなり使いますので、安売りをしている時に有料版の「Jota+(イオタプラス)」を買ってしまいました。

その為、無制限で使えてしまうのですが、確か無料版の「Jota(イオタ)」はオンライン・ストレージへの保存は1日2回までと制限されています(今は違うかもしれませんが、私が無料版を使っている時はそうでした)。

しかし、「Dropbox」は連携出来るアプリが多く、私の感想としてはテキストベースのデータを保存するのにかなり適していると思います。

特にデバイス毎にOSが違う時にかなり便利に連携が出来ます。

まだ、「Dropbox」をお使いで無い方は、ぜひこの機会に使ってみてはいかがでしょうか?


広告

トップへ戻る